Menu

ニュースNEWS

21日水曜日は定休日ですが…

24.02.20 お知らせname任意売却

こんにちは。昭和くらし不動産のオグリです。

 

さて明日2月21日(水)は弊社定休日としておりますが…

【住宅ローン滞納による売却相談】
【離婚に伴う不動産共有名義解消】
【親子間・親族間の不動産売買】など、一刻も早い解決が必要とされる案件についてのご相談は、明日もお電話でのご相談を承っております

 

特に、住宅ローン滞納状態が続き「競売開始決定通知書」がお手元に届いた方は、ぜひお早目に私たち「住宅ローン問題解決専門の不動産」にご相談ください。

ご連絡は ☎052-752ー7500 まで。
担当:ヤマダがすぐに対応いたします☺️

今ある住宅ローンの支払いにお困りの方のため【任意売却】のお手伝いをしています

23.04.30 任意売却

こんにちは。昭和くらし不動産のオグリです。

 

さて、私たち昭和くらし不動産の手がける大切な仕事…

今ある住宅ローンの支払いにお困りの方のため【任意売却】のお手伝いをさせていただいています。

【任意売却】ってあまり聞きなれない言葉だと思いますが、
「ローンの返済が滞った不動産を、競売で落札者が決まる前に、債権者(銀行など金融機関)との合意のうえで、所有者の意思に基づいて売却する」ことをいいます。

 

『競売』が裁判所の権限で強制的に不動産が処分されてしまうのに対して、所有者の「任意」で「売却」できるので『任意売却』なのです。

ただし、そのためには債権者(金融機関)の合意を取り付けて、しかるべき手順で手続きを進めていくことが必須。少し専門的な知識と経験が必要になるので、どこの不動産業者でもおいそれと扱える売却手法ではないのです。

 

私たち昭和くらし不動産は、地域に根差した不動産仲介業の傍ら、7年ほど前からこの『任意売却』にも本格的に取り組み始め、今では年間20件を超える任意売却案件を成功させてきています。

 

そして、コロナ禍の影響で住宅ローン滞納のご相談案件はまだまだ増え続けています。

 

もしも今、住宅ローンのお支払いにお困りの方がいらっしゃしましたら、ぜひいちど私たち昭和くらし不動産にお声がけください。きっとお力になります!
そして、もし身近にお困りの方がいらっしゃったら、ぜひこのサイトをご紹介いただけたらと思います。

 

昭和くらし不動産の「任意売却」専用サイトは👇

「任意売却のがっこう」https://nin-bai.jp/

 

昭和くらし不動産とおなじく、定休日なしでご相談承っています。

「任意売却」がわかる専用冊子も無料ですぐにお送りします。
お問い合わせフォームからぜひご請求ください。

 

【住宅ローンでお困りの方へ】任意売却のあらましが3分でわかる小冊子を差し上げています

21.02.04 任意売却

住宅ローンの滞納や離婚などで

ご所有不動産の売却をご検討中の方に、

任意売却のあらましが3分でわかる小冊子「任意売却の教科書」

お送りしています。

 

任意売却は専門性が高く、独特の手順とノウハウが必要な売却手法です。

この小冊子では、ご相談から解決までの流れに沿って、

手続きの概略をご説明しています。

 

・・・もくじ・・・

★そもそも任意売却とは?  ~こんな方は今すぐご相談ください

★任意売却にかかる費用って?

★「任意売却」と「競売」の違い

★「任意売却」のタイムリミット

★離婚をお考えの方へ

★親子間売買・リースバックとは?

★過去のお悩み解決事例  etc...

 

ご希望の方はお問い合わせフォームから →https://estate-ring.co.jp/contact/

任意売却の解決事例もご覧ください →https://estate-ring.co.jp/column/20170220_4989/

 

任意売却解決事例

19.10.04 任意売却

<相談内容>

離婚される事になり相談者様とお子様と現在のマンションに住み続けたいが、名義は元ご主人のご名義の為今後も住み続ける事ができるか不安。出来ればご自身で購入したい。

<提案内容と解決方法>

相談以前に複数の金融機関にてご相談されていましたが全て断れてからの相談でした。相談された金融機関は離婚間もないとの事で親族間売買に近いとの判断で不可となっていました。相談者の方は幸い正社員で勤続年数も長かったので再度資料を取り揃えて一緒に再交渉することにしました。

<現状とその後>

以前断れた金融機関は難しいと判断し、協会で親族間売買でご協力頂いている銀行とその他複数の銀行と交渉に入りました。なんとか銀行にもご理解を頂き無事マンションを購入する事が出来ました。

<相談者のご感想>

自分で銀行に行った時はすごく不安で又銀行の方もほとんど門前払いのような感じでした。しかし今回は山田さんに一緒に銀行に行って頂きすごく安心できたのと、こんなに対応が違うのかとビックリしました。相談した時はどうせ駄目だろうと思って相談しましたが諦めずに相談してよかったです。

 

ご相談時に離婚されたご主人は既に別の所にお住いで、あまり連絡が取り辛いという点やこれまでにも度々住宅ローン延滞があったとの事でしたのでマンションの名義を変える事が最善の方法でした。今回は銀行に相談に行く前にご本人に資料もしっかり用意して頂き、こちらでマンションの担保評価書を作成し交渉致しました。多少苦戦致しましたが無事融資承認となり購入する事が出来ました。

離婚後の不動産とトラブルは年々増えており経過年数がたつほど解決が難しくなります。売却だけではなく離婚時であれば別の解決方法もあります。お早めにご相談下さい。

 

リースバックの成功事例

19.02.08 お知らせname任意売却

【相談内容】 勤め先の業績悪化が原因でボーナスのカット、あわせて残業も減り収入が約半分まで減った為住宅ローンの延滞と生活費のためにキャッシングをし、気づけば多重債務の状態。自宅で父親を介護しているので引越しはせずに解決したい。

 

【提案内容と解決方法】 相談時点で住宅ローン、その他の借金も延滞されており今後も給料のアップは望めず今後も返済は難しかったので、まずは弁護士と連携し自己破産の手続きに入りました。要介護のお父様と同居されており金銭的に施設への入所は難しくリースバックの提案を致しました。投資家の買取金額が高額になると月々の家賃も高くなり買い戻しも現実的ではなくなるので、保証会社とは何度もやり取りをさせて頂き、また投資家の方にもご理解頂きリースバックでの解決ができました。

 

【現状とその後】  お父様はご家族の状況は把握されておらず、最後までお父様にはお話しが漏れずに解決できました。ご本人は自己破産の手続き中ですが支払いがストップし現在のお給料でも生活が安定されました。今後は息子様が買い戻しの予定ですが、買い戻し金額も押さえる事が出来ました。

 

【相談者のご感想】  実は今回相談する前にリースバックの事はネットの情報で知っていました。大手の不動産業社や地元の業社に数社相談しましたが全て断られていましたので最初山田さんから提案があった時は正直半信半疑でどうせ駄目だろうと思っていました。ただ銀行の保証会社や投資家の方と粘り強く交渉して頂きお話しがまとまった時には信じれない感じでした。一番心配していた父親にも今回の事を耳に入れずにすみ、大変感謝しています。色々な所に相談に行きましたが最後に山田さんと出会えて良かったです。   

 

最初のご相談はなるべく長く住み続ける方法を教えてくれとの相談でした。事情をお聞きしましたら介護のお父様と同居中との事、また資金てきにも介護施設などへの入所が難しいとの事でした。最善の方法はリースバックだと思いご提案させて頂きました。幸い保証会社の担当者は過去に何度もやり取りをした事のある担当者でしたのでこちらの査定金額なども理解して頂き、投資家も事情を組んでくれて何とか買い戻しの目処もたち解決する事が出来ました。

 

 

 

google mapへ移動