Menu

ニュースNEWS

一宮市木曽川町/戸建 オープンハウス開催のお知らせ

21.02.22 イベント

今週末 2月27日(土)28日(日) オープンハウスを開催いたします。

 

一宮市木曽川町 ・中古住宅 2,450万円

名鉄「木曽川」駅から歩いて11分、静かな住宅街に建つ日当たりの良いお宅です。

 

さて、これまでのオープンハウスでは「ご予約なしでいつでもお気軽に」とお誘い申し上げてきたのですが…今回は申し訳ありません(>_<)

感染症対策のため<完全予約制>とさせていただく予定です。

 

ちょっと面倒をおかけして恐縮ですが、

ご来場の前に弊社までご一報ください。(電話・メールなんでも結構です。)

また、ご予約が重なった場合はお時間の調整をお願いするかもしれませんが、併せてご了承下さいませ。

 

ご来場の際には、体温確認・手指消毒・マスクの着用にもご協力よろしくお願い致します。

物件の情報は下↓の 物件詳細を押してご確認ください。

開催日程
2021年2月27日(土) 28日(日)
開催時間
13:00から16:00
所在地
愛知県一宮市木曽川町外割田字宮廻12-9

少し出遅れましたが…感染症対策<サーモカメラ>設置しました

21.02.08 お知らせ

注文していた「サーモカメラ」が昨日届き、早速組み立て。

 

少々”出遅れた感”は否めませんが(笑)…

お客様の安心・安全のためにも、ご来店の際には検温にご協力いただきますよう

よろしくお願いいたします。

マスクしたままでもOK!みたいです。

 

【住宅ローンでお困りの方へ】任意売却のあらましが3分でわかる小冊子を差し上げています

21.02.04 任意売却

住宅ローンの滞納や離婚などで

ご所有不動産の売却をご検討中の方に、

任意売却のあらましが3分でわかる小冊子「任意売却の教科書」

お送りしています。

 

任意売却は専門性が高く、独特の手順とノウハウが必要な売却手法です。

この小冊子では、ご相談から解決までの流れに沿って、

手続きの概略をご説明しています。

 

・・・もくじ・・・

★そもそも任意売却とは?  ~こんな方は今すぐご相談ください

★任意売却にかかる費用って?

★「任意売却」と「競売」の違い

★「任意売却」のタイムリミット

★離婚をお考えの方へ

★親子間売買・リースバックとは?

★過去のお悩み解決事例  etc...

 

ご希望の方はお問い合わせフォームから →https://estate-ring.co.jp/contact/

任意売却の解決事例もご覧ください →https://estate-ring.co.jp/column/20170220_4989/

 

まずはリモートで見学してみませんか?

20.05.17 お知らせ

”物件を見に行きたいけれど、このご時勢小さい子供を連れて行くのはためらう…”

”外出時間はできるだけ短くしたいので、たくさん現地を見るよりも、

ある程度事前に検討しておきたい。そのうえで、希望に合いそうな物件だけを現地で確認したい。”

 

この3月以降、多くの購入者様からこのような声を頂くようになりました。

 

不動産という商品の特質上、現地を確認(室内を見学)していただくことはもちろん欠かせないプロセスなのですが、

一昔前のように、

”とにかく現地を見ましょう!” ”気に入るかどうかは現地に来ないとわからないですよ!”

というスタンスにはちょっと無理があるように感じ始めています。

 

今は、便利なツールがたくさんあるし。

 

ということで、私たち昭和くらし不動産も遅ればせながら「リモート見学会」を始めました。

ただ、あらかじめ撮りおいた動画を流すだけでは意味がないと思い、

見学会はお客様ごとに「1対1」で実施しています。

実際の見学同様、日時をお約束して、営業担当者が現地からZoomでつないで

室内を説明しながらご案内します。

双方向のコミュニケーションですから、

「そこ!もう少し良く見せて!」とか

「反対側から見るとどんな感じ?」とか

「電気を消したらどのくらいの明るさなの?」とか、

現地でしか確認できないことにダイレクトにお答えできます。

 

気になる物件、現地に行く前に”チラ見”してみませんか?

 

詳しくはメール、電話でお問い合わせください!

 

※物件により対応できないケースもあることをお許しください。

任意売却解決事例

19.10.04 任意売却

<相談内容>

離婚される事になり相談者様とお子様と現在のマンションに住み続けたいが、名義は元ご主人のご名義の為今後も住み続ける事ができるか不安。出来ればご自身で購入したい。

<提案内容と解決方法>

相談以前に複数の金融機関にてご相談されていましたが全て断れてからの相談でした。相談された金融機関は離婚間もないとの事で親族間売買に近いとの判断で不可となっていました。相談者の方は幸い正社員で勤続年数も長かったので再度資料を取り揃えて一緒に再交渉することにしました。

<現状とその後>

以前断れた金融機関は難しいと判断し、協会で親族間売買でご協力頂いている銀行とその他複数の銀行と交渉に入りました。なんとか銀行にもご理解を頂き無事マンションを購入する事が出来ました。

<相談者のご感想>

自分で銀行に行った時はすごく不安で又銀行の方もほとんど門前払いのような感じでした。しかし今回は山田さんに一緒に銀行に行って頂きすごく安心できたのと、こんなに対応が違うのかとビックリしました。相談した時はどうせ駄目だろうと思って相談しましたが諦めずに相談してよかったです。

 

ご相談時に離婚されたご主人は既に別の所にお住いで、あまり連絡が取り辛いという点やこれまでにも度々住宅ローン延滞があったとの事でしたのでマンションの名義を変える事が最善の方法でした。今回は銀行に相談に行く前にご本人に資料もしっかり用意して頂き、こちらでマンションの担保評価書を作成し交渉致しました。多少苦戦致しましたが無事融資承認となり購入する事が出来ました。

離婚後の不動産とトラブルは年々増えており経過年数がたつほど解決が難しくなります。売却だけではなく離婚時であれば別の解決方法もあります。お早めにご相談下さい。

 

google mapへ移動